玉川温泉 北投石 効能 がん アクセス

玉川温泉体験記!【北投石・効能・がん・アクセス】

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス

管理人は玉川温泉に毎年2泊3日で3ヶ月に1回のペースで通っています。
実際に通って体験した玉川温泉の効能や利用方法、便利なアクセス方法などをご紹介します。
玉川温泉では多くの方との出会いがあります。
その中でもがん患者さんが玉川温泉で「がんが消えた!」という話も見てきました。
現地に行って実際に体験した貴重な情報もこのサイトで紹介していきます。

 

 

 

玉川温泉へのアクセス方法

東京から玉川温泉へのアクセス

東京から玉川温泉へのアクセスは田沢湖駅、秋田空港からのアクセスが便利です。

アクセス方法 料金 時間

新幹線

東京⇔田沢湖

16,170円(片道)

運賃 8,960円  指定 7,210円

2時間47分

飛行機

羽田空港⇔秋田空港

21,500円~(往復)

1時間

管理人はいつも新幹線を利用しますが、飛行機は料金も安く、
時間もかからないのでおすすめです!

※最安値のチケットが見つからない場合もあります!

 

秋田空港、田沢湖駅から玉川温泉へのアクセス
アクセス方法 料金 時間

路線バス

田沢湖⇔玉川温泉

1,460円(片道)

1時間15分~30分

タクシー

田沢湖⇔玉川温泉

14,000円(片道)

45~50分

秋田エアポートライナー玉川号

秋田空港⇔玉川温泉

3,100円(片道)

2時間

タクシー

田沢湖⇔玉川温泉

30,500円(片道)

1時間45~50分

 

玉川温泉岩盤浴

岩盤浴に必要な装備品

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス
地獄谷での岩盤浴は自然の中で行うのでしっかり準備をする必要があります。
リュックの中には枕用、汗拭き用のタオルを1枚ずつ、タオルケット(春・秋)、
毛布や防寒シート(冬)、着替え、傘(雨や雪、日差しに対応)水分補給用の水。

 

服装は汚れても良いスウェットやジャージなどで行きましょう。
綿素材(自然)のほうが岩盤浴の効果が得られるようです!
靴はスニーカーなどの歩きやすい靴、冬場は積雪が多いので滑らない長靴がおすすめです。
レインコートがあると寒さ対策にもなり便利です。

 

地獄谷の岩盤浴3つのポイント
テント小屋と地熱の高い岩盤の上

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス
テント小屋とその周辺は源泉が流れているため安定した地熱が浴びれます。
このポイントでの岩盤浴は地熱による熱さが効果を引き出すようです。
テントの中は12人ほど岩盤浴ができ、各自でゴザを引きタオルを枕にして横になります。
温度が高いので体勢を変えながら30分〜45分を目安に1日2回岩盤浴をすると効果的です。

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス
テント小屋周辺も源泉が流れ地熱が高く同じように岩盤浴ができます。
この周辺の岩盤の間からは高温の蒸気が噴出しているので、
管理人は自家製のラジウム入り温泉卵を作ります!

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス

 

玉川温泉『大噴』の前

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス


大噴(おおぶき)と言う源泉からは、毎分9000リットル以上の温泉が噴き出ているため、
ラジウムと大量のマイナスイオンを含んだ蒸気を吸い込むことができます。
ラジウムを呼吸から吸い込み体内に取り込むことができがんをはじめとする
様々な疾患に効果があるといわれてます。

 

また大量のマイナスイオンを浴びることで免疫力が向上し自然治癒力が高まります。
ここでの岩盤浴は地熱の熱さも心地いい温度なので時間は長く行っても大丈夫です。
夏の日差し対策と冬場の寒さ対策には十分気をつけましょう。

 

薬師神社の鳥居の目の前

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス

 

薬師神社の鳥居の目の前は玉川温泉で一番放射線が出ている場所です。
地熱はほとんどなく冬はかなり寒いので完璧な防寒対策が必須。
ここは放射線がとても強いので15分くらいを目安に岩盤浴を行います。
特にがんには効果的らしく治療目的の方を毎回お目にします。

玉川温泉地獄谷岩盤浴まとめ

・テント小屋と地熱の高い岩盤の上(30分〜45分・2回)
・大噴の前(長時間できる)
・薬師神社の鳥居の前(15分・1回)
以上の3カ所で岩盤浴をすると効果的です。

 

 

玉川温泉湯治

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス

玉川温泉では地獄谷の岩盤浴と合わせてホテルでの湯治をするのが効果的です。
岩盤浴は1回40分〜60分を1日2回行い、あとはすべてホテルでの湯治になります。
玉川温泉の源泉は刺激がとても強いので入浴方法を工夫する必要があります。

 

玉川温泉入浴の注意点

・入浴前には「かけ湯」をしましょう!
・入浴は1日2〜3回を目安にしましょう。(初日は1〜2回)
・1回3〜5分入浴し同じ時間の休憩を挟み、これを数回繰り返しましょう。
(慣れるまでは長湯は控えましょう。)
・湯上りに皮膚の弱い部分にしっかり「かけ湯」をして上がりましょう。
・入浴後は水分補給をし30分〜60分横になって休息しましょう。
・無理をせず体調に合わせて湯治をしましょう。

 

玉川温泉入浴方法
かけ湯(白湯)

浴場の入り口にあるかけ湯は温泉ではなく普通のお湯です。
かけ湯用の桶で足元から全身をお湯をかけ流しましょう。
周りの方にしぶきがかからないようしゃがんでゆっくりと行いましょう。
かけ湯は貧血防止、身体の汚れを落とし、温泉成分の吸収を助けます。
湯ただれを防ぐために入浴後も皮膚の薄いところを中心にしっかりとかけ湯を
しましょう。

 

源泉50%の浴槽

時間/3〜5分入浴+休憩×2〜3回
はじめに腰までの半身浴で慣らし、徐々に肩までつかるようにします。

 

源泉100%の浴槽

時間/3〜5分入浴+休憩×2〜3回
温泉の効能が一番期待できる浴槽です。
その分身体への負担も大きくなるので注意しましょう。ゆっくりとつかり、
ゆっくりと上がるようにしましょう。調子の悪い部位をさすったり、動かすとより効果的です。

 

浸頭湯・寝湯(源泉50%)

時間/1〜3分入浴+休憩×2〜3回
仰向けに寝た状態を保ちます。浸頭湯は浴槽の端の深めの部分に、
後頭部を浸すようにして入浴します。入浴後には爽快感が感じられます。
寝湯は深さ30pの浴槽で、首から下を浸すように入浴します。
リンパの流れをよくするため動脈硬化や高血圧に効果的です。

 

弱酸性の湯

時間/任意の時間(長めでも可)
源泉浴槽とは違い肌への刺激が少ない浴槽です。
源泉浴槽への入浴がつらくなってきた時におすすめです。

 

打たせ湯(源泉50%)

時間/3〜5分程度
首方、背中、腰など打たせるようにお湯を打たせます。
肌の弱い方はタオルを当て直接打たせないようにしましょう。
また、動脈・静脈は直接打たせないよう気をつけましょう。

 

 

蒸気湯・箱蒸し湯

時間/3〜5分程度
蒸気湯は室温50〜60℃のぬるめの全身蒸気湯で、
箱蒸し湯は首から下の蒸し湯です。
口から蒸気を吸い込む蒸気吸入は粘膜の再生を促進し、
気管支炎や喘息などに効果があります。
発汗により新陳代謝が活性化し神経痛やダイエットにも効果的です。
源泉浴がつらくなってきた時にもおすすめです!

 

 

 

自宅で玉川温泉北投石の効能!

玉川の花湯

・玉川温泉北投石パワーによるホルミシスパワー!
・玉川温泉と同じ5種類の放射線!
・トルマリン鉱石の約5倍のマイナスイオンパワー。
・体を芯から温め浴槽のぬめりも防止する遠赤外線セラミックボール使用。

 

価格 評価
58,000円 玉川の花湯(付属カバー色:ピンク) 玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス

 

 

 

玉川温泉北投石とは?

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス

秋田県にある塩酸を主成分とする強酸性の源泉は、ラジウム放射線を含み、
世界的にも貴重な泉質。新聞・雑誌等で数多く取り扱われ、長期滞在する訪問客が海外からも。
大浴場の他に、源泉近くの北投石でできた岩盤にござを敷き、寝転がって地熱で体を温める「岩盤浴」はここが元祖。
温泉養生ができるとして医学的にも研究が進んでいます。

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス

世界で2カ所しかない希少な「北投石」
「希少な石」といわれる秘密は「北投石」は、もともと台湾の温泉で1906年に
発見され北投石と命名されました。
日本では秋田県の玉川温泉で1898年に発見され現在は特別天然記念物に
指定されています。
「北投石」は世界でもこの二ヶ所しか発見されていないとされ、
玉川温泉のものは湯の花が長年堆積し、成長したもので、
そのスピードは年間0.05ミリから0.1ミリ程度とされています。
その成分は、重結晶のバリウムの一部が鉛に置換された鉱物で、
ラジウムを含む白い層と鉛の多い褐色の層とが縞模様を作っています。

 

玉川温泉,北投石,効能,がん,アクセス

『北投石』は玉川温泉の湯の花が堆積してできたもの
『北投石』は天然記念物であり、採取することはできません。
もし、採取すれば、それは違法行為となり、処罰の対象となります。
しかし、その組成・生成の過程を調べてみると、「北投石」とは、玉川温泉の湯の花が堆積したものであることが明らかになりました。そして測定の結果、採取可能な玉川温泉の湯の花も「北投石」も、まったく同等のレベルでそのパワーを放射していることが解明されたのです。